大会結果・第51回支部対抗戦・支部名人戦

日時:令和4年2月19日(土)~20日(日)

場所:いわき市 久之浜・ホテル高木屋
主催:日本将棋連盟福島県支部連合会、福島民友新聞社
主管:日本将棋連盟いわき中央支部
後援:読売新聞東京本社福島支局、福島中央テレビ

 

県内各支部より、支部対抗戦(団体戦)へ5支部<8チーム24名>、支部名人戦(個人戦)へ8支部<15名>の選手が参加し、トーナメント戦にて熱戦を繰り広げました。

支部対抗戦の優勝チーム『いわき明日葉支部』(三戸蓮さん、鈴木瞭太朗さん、庄谷和晃さん)、及び支部名人戦で優勝された小島佑斗さん(ふくしま支部・四段)は4 月16 日・17 日に「KFC ホール(墨田区両国)」にて開催される東地区大会へ福島県代表として派遣されます。

 

結果は以下の通りです。(※敬称略。所持段級位略。)

 支部名人戦・参加者15名(予選無しトーナメント)  支部
優 勝  小島 佑斗  ふくしま支部
準優勝  渡辺 久記  ふくしま支部
第3位  土切 勝滋  郡山支部
 支部対抗戦・予選参加8チーム(24名)  (大将、副将、先鋒の順)敬称略
優 勝 いわき明日葉支部 三戸蓮、鈴木瞭太朗、庄谷和晃
準優勝 いわき棋友会支部B 吉田栄樹、佐伯邦則、吉倉裕一
第3位 いわき棋友会支部C 真家裕幸、小松昂平、國井真優

.

本大会の観戦記は以下のスケジュールで、福島民友新聞(朝刊)に掲載予定です。
・支部名人戦(準決勝①・▲木村秋善△渡辺久記) 2022年6月16日~6月22日 執筆:渡辺久記
・支部名人戦(準決勝②・▲土切勝滋△小島佑斗)  2022年6月23日~6月29日 執筆:土切勝滋
・支部名人戦(三位決定戦▲土切勝滋△木村秋善)  2022年6月30日~7月 5日 執筆:木村秋善
・支部名人戦(決勝戦▲渡辺久記△小島佑斗)    2022年7月 6日~7月13日 執筆:小島佑斗

・支部対抗戦(決勝・先鋒戦▲吉倉裕一△庄谷和晃) 2022年7月14日~7月20日 執筆:佐河晴久
・支部対抗戦(決勝・副将戦▲鈴木瞭太朗△佐伯邦則) 2022年7月21日~7月26日 執筆:松井さつき
・支部対抗戦(決勝・大将戦▲吉田栄樹△三戸蓮)  2022年7月27日~8月 1日 執筆:佐河晴久

※執筆者の都合により掲載譜数が変更となる場合が御座います。最新の掲載スケジュールは、「観戦記掲載スケジュール」でご確認ください。

支部名人戦
左より、
渡辺久記(準優勝)、小島佑斗(優勝)、土切勝滋(第3位)






支部対抗戦(優勝・いわき明日葉支部)

左より、
緑川亘(先鋒)、若井博紀(副将)、小島遼人(大将)







支部名人戦結果(トーナメント 本年度は予選無し









支部対抗戦結果(トーナメント 本年度は予選無し









~大会風景~

開会式~抽選

主管支部・いわき中央支部 木村秋善支部長の歓迎挨拶






福島県支部連合会 武蔵正憲会長の挨拶







福島民友新聞社 営業局長 平田哲様のご挨拶








大会風景~
・2月19日(土)支部名人戦

 

 

・2月20日(日)支部対抗戦

 

.

.

.

.

.

.

支部名人戦優勝の小島佑斗さんと、支部対抗戦で優勝された「いわき明日葉支部」は、

東地区大会に福島県代表として派遣されます。

選手の皆さま、運営スタッフの皆さま二日間に渡り大変お疲れ様でした。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(写真は牛島さんたっての希望により掲載しております)
今年も支部対抗戦へ参戦された牛島カヲル氏。
優勝候補の1チームとして注目されていた中で、まさかの初戦敗退は一発トーナメントの厳しさを物語る。

その後、2日間の大会運営に尽力された牛島氏(お疲れ様でした!)。
無事に全日程が終了し、選手達が帰路につくその会場で佇む牛島氏の姿に、周囲は温かく見守るしかなかった。。

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



次回は福島県民に元気を与えるあの笑顔を待ってます!(写真は昨年大会の牛島氏の姿です)


.
以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です